メーカーに依頼

ブランド品のバッグや高価なバッグであれば、生地の違いがとても気になるものです。根革の修理や補強のために専門業者に依頼する方法がありますが、同じ生地を使用していても長年利用してきた味わいや風格により生地の色が異なっていることや同色を見つけることが難しい場合があります。同じ生地の色にこだわるときには、バッグを製造したメーカーに依頼をしましょう

バックブランド品のバッグや高額なバッグであればメーカーで修理を依頼している場合があります。確実に同じ生地を使用することになるので、安心して依頼することができるでしょう。しかし、バッグ修理の専門業者と違うのは、価格と時間です。国内に修理をする工場があっても、時間が必要になってしまいます。全国から修理を依頼される場合や海外から修理を依頼しされることがあるため、膨大な数の修理を行う関係で日時が必要になります。価格も専門の生地を準備することになるので、バッグ修理の専門業者に依頼するよりは価格が高額になります。そのため価格や日時の問題があるならばバッグ修理専門業者に依頼をすることになります。しかし、買い替えるよりは安く仕上がるため、メーカーに依頼することも生地を同じ色にしたい場合には利用してみましょう。

参考リンク【靴専科